2010年2月15日月曜日

ハードルの高い誘いにのってみる

皆さんにとってハードルの高い誘いはどんなものでしょう?

僕はここ最近、多くの誘いにのってみました。
すぐに思いつくことだけでも、こんなことがあります

・ワークショップの企画ファシリテート
・コーチング支援のプラットフォーム団体の立上げ
・ファシリテーターとしてのオーディション
・勉強会の企画担当

・コーチコミュニティの望年会幹事
・仲間の結婚式の2次会余興
・仲間の結婚式披露宴での余興
・マンションの理事

他にもいろいろありますが、きりがないので思いついたものだけ。それでもたくさんあります。
振り返ると結構色んなお誘いにのったなーと感じます。


ちなみに・・、実際にやる前はこんなことが頭をよぎっていました。

・自分が今までやったことがない領域だな
・知らないメンバーが多く不安
・時間が取れるのか
・過去に失敗した経験がある領域
・やって何がメリットになるかはっきりしていない
・苦手な役回りになりそう


誘われた瞬間は「これできるかな」とか「大変だな」と感じたものも正直ありました、が、実際にやって見て共通した感想があります。


「やる前に思っていたよりも、実際やってみたら自分にとってメリットがたくさんあった」


ハードルが高ければ高いほど、この感覚は強いです。

これは逆のこともいえて、あまりハードルの高くない誘い(例えば年中やっていること、慣れしたしんだこと)はやってみても期待以上のものがあることは多くありませんでした。

人は今までやったことのない領域を体験するときに、必ずそれをとめる内なる声が起きます。

「やったことないから、やめたほうがいい」
「そのメンバーとうまくやれるの?」
「時間的にむずかしと思うよ」
「昔と同じ失敗したらどうすんの」
「やって、何かメリットあるの」
「一番、苦手な役回りがくるぞ」


でも、このサインがでたらチャンスです。
自分の新しい領域を広げていくための絶好の機会なんです。


例えば僕にとってチャレンジングだった、結婚式の披露宴での余興はやる前はかなり色んなことにナーバスになりました。ただ実際にやり終わったときには、「もう一度やりたい!」と思っていたことも事実です。


実際にその場に立ってみることでしか、見えない景色があることに気付きます。
そうすると、欲がでて「もっと、こうしてみたかった」「ここは思っている以上にうまくいった」という、前に進むための気持ちが出てくるものです。


ちなみにこの結婚式披露宴での余興は、正直勢いで引き受けました。冷静に頭で考えたらもしかしたら引き受けなかったかもしれません。


自信も経験もなかったですが大切な人の大事な式だし、えーい!(w


今は本当にやってよかったと思っていますし、この経験が色々なことに活かされています。


皆さんにも必ず思い当たる経験があるはずです、

ハードルが高い誘いは、絶対美味しい!

そう考えただけで、僕は見える景色が違ってきます。



2010年2月7日日曜日

助けて!という勇気

僕は、少し前まで人に助けを出すことが本当に苦手でした。


助けを出すことは、弱い自分をさらけ出すことだと思っていたので、自分でどうしようもなくなっていてもなかなか人に助けて欲しいとは言い出せづ・・・。


きっと、周りからは「特に困っていることがない人」だと、思われていたと思います。
(仲の良い友人にもそういうFBをもらうことがあります・・・)


でも、これによって僕は、いつの間にか自分が失敗しないことばかりやるようになっていたと思います。困ったときに助けが出せないからそもそも困らないほうに進んでいくわけです。


重度の“コケたくない病”


本来僕は成長することや、去年よりも今年のほうが何か少しでも出来るようになっているということを大事にしていたのですが、こうやって自分ができる範囲のことばかりやっていると、すごく居心地はいいものの、おんなじ範囲でしか行動していなくて、結果あまり成長はしていない。


もちろん、何も新しいことにチャレンジしなかった訳ではなく、僕も成長してきた部分はあります。そして、その過程では行き詰って、誰かに助けてもらったことは随分あることも確かです。


でも、自分から助けを求めてではなく、見かねて助けてくれたというのが正直なところです。


結果的に同じ助けてもらうのでも、自ら助けを求めることと、誰かが助けてくれるのを待っていることは大きく違います。


自分の意図をもって助けを出すことは、本当の意味でのリーダーシップを発揮することです。


「弱いところを見せることに・・・」とか「自分が格好悪い」とか、そんな小さなことではなく、そもそもの目的を達成するために出来ることは何でもやる、本来の目的に向かうことを自覚できている状態。


僕も、最近やっと「助けて」といえるようになりました。

これから助けてを言うことは簡単ということではないですが、自分が本当にしたいこと、目的は何なのかをしっかり見据えて、必要な「助けて」は積極的に言おうと思っています。


みなさんは「助けて」と言えますか?

2010年2月2日火曜日

コーチング無料体験会のお知らせ

1月開催も好評だったコーチング無料体験会です。
コーチングを受けるという体験の場です。

コーチングを受けるとどんな感覚があるのかが
ほんの一旦ではありますが、きっと実感できると思います。



---------------------------------------------------
コーチング無料体験会実施します
---------------------------------------------------
こんにちは。ACPの大月です!コーチングを一人でも多くの人に知ってもらいたい
という想いから、コーチングを純粋に体験することができる
体験会を実施します。お友達や同僚またはお一人でもお気軽にいらしてください。

この体験会は、米国CTIより認定を受けた有資格者(CPCC)のみ

で運営されています。
コーチングって何?と感じられた方はぜひ一度いらしてください。

◆日時:2月23日 18:30~20:30
◆場所:銀座ビジネスセンター
http://www.ginza-bc.co.jp/bc/map/ 
東京都中央区銀座6丁目6番1号 銀座風月堂ビル5F
※受付でコーチング無料体験会の参加者とお伝えください
地下鉄「銀座」(日比谷線・銀座線・丸の内線)B5出口徒歩2分
JR 「有楽町」徒歩5分

◆申込方法 以下のフォームからお申し込みください。
https://ssl.formman.com/form/pc/gAIJKgqjcPb7oww6/

◆参加人数は10名様限定 先着順で受付をいたします。

◆主催 ACP × ミル・クレイン株式会社

★今回のコーチ紹介★  この他あと3名のコーチが参加します。
大月千鶴(ミルちゃん)のBlog http://millecrane.blogspot.com/ 
http://yutorisedai.blogspot.com/

----------------------------------------
このガジェットでエラーが発生しました