2011年2月22日火曜日

2/19 人間関係スムーズセミナーを終えて

先日第2回の「人間関係スムーズセミナー」が無事終了しました。

僕自身が実践しているシステムコーチング(関係性へのコーチング)で学んだことなどもワークにとりれた実践的な内容です。


10名の参加者の皆さまと非常に濃厚な一日を過ごし改めて人間関係は常にある「大きなテーマ」だと感じます。


セミナーを終えて何名の方から


「普段相手の立場にたっているつもりだったが、実際は出来ていなかった」


「相手の立場に立つという体験ができた」


という感想をいただきました。


普段相手のことを考えているようで、実は自分のメガネ(価値観)で相手を見ていることに気付かれる方が多いようです。


僕自身、このことに気付いた時に本当に大きな発見をした覚えがあります。






本当に思い込みの中で、人を見ていました・・・。

特に自分が苦手と思っていた人はひどく歪んだ見方をしていたと思います。
(多くの方々、本当にすいませんでした・・・w)

でもそんな経験があるからこそこのセミナーを受講する方々の気持ちがわかる気がします。


評価、アンケート結果については以下になります。




2011年2月10日木曜日

転職時のコーチング2

僕が転職時のコーチングで、たまに行うワークがあります。


「独立をすることになったら何をしますか?」



というものです。


クライアントさんこれをやってみませんか?というと、

「いや、独立するわけではないので・・・」

という反応があったりします。


確かにそうです。でも、だから意味があるともいえます。




2011年2月9日水曜日

転職時のコーチング

キャリアの中で大きな意味を持つことの多い「転職」。

コーチングをこのタイミングで受ける人も少なくありません。

何故なら転職するというタイミングでは、ただ単に会社を変わるということだけでなく次の仕事を決めて、そこで活躍するために、様々なことを明確にする必要があるからです。


転職でのコーチングでは大きくフェーズが3つあると考えています

①転職活動フェーズ
②転職までの準備フェーズ
③転職後(入社後)フェーズ




2011年2月1日火曜日

会話泥棒で人が去っていく

話していてちょっと苦手だと感じる相手がいます。

アレルギーが出るほどではないのですが、あまりそれが続くとちょっとげんなりすることもあります。


どんな、局面でそうなるかというと


「会話泥棒」


されることが続くとき。


会話泥棒とは、相手の話を聴いてそれに関連した自分の話をしだすことです。


ちなみに僕もたまにやってしまうことがあるので、そうならないよう気をつけています。
(飲んでる時が危ない)w


例えばこんな感じです


Aさん 「昨日、実は仕事でいろいろあってさ・・・・」
Bさん 「あー、俺もいろいろあって大変だったよ。実は部長から短納期の仕事を急きょ振られてさ・・」




このガジェットでエラーが発生しました