2010年9月1日水曜日

古い物語とお別れをする(システムコーチング)

皆さんは今どんな時期を迎えていますか?

僕は独立をして間もないこともあり、非常に多くの状況に変化が起きています。

・会社という所属先が無くなる
・自分と誰かという直接的な関係になる(会社という肩書が無くなる)
・時間は自分の思った通りに使える
・人間関係そのものが変わる(付き合う人が変わる、付き合い方が変わる)

などなど

書ききれないほど多くの変化があります。

自分でコーチをやっていることもあり、こういった変化を楽しむということが重要だということはよく理解しているつもりです。
ただ、実際自分にとって初めてのことへの変化は、混乱を伴うことがあるのも事実です。

コーチングでは自分の中の
“古い物語(物事はこうあるべき、などの過去の経験からくる思い込み)”
ときちっとお別れをするというワークがあります。

これまでの“古い物語”に感謝しつつ、どんな要素と決別し、どんな要素がこれから始まる
“新しい物語”に引き継がれ必要とされるのかをしっかりと見つめることを行います。

そして、“新しい物語”はどんな風になってほしいのか、それに伴い自分に何がもたらせるのか?


こういったことを実施してみることで、変化のタイミングを上手く前に進むエネルギーに活用できると考えます。


僕自身、色々な変化が起きています。

多くのことが入れ替わる時期、もしかすると一瞬孤独になったような感覚もあるかも知れません。ただ、ここを通ることで本当に自分の“新しい物語”が始まるという期待感があります。


皆さんは今どんな変化の中にいるのでしょう、またはいないのでしょう?

0 件のコメント:

このガジェットでエラーが発生しました